先週「さーちゃんミニヤギ牧場」さんへ、仕入れの関係でお邪魔しました。

 

夏頃からか、母屋の軒下にずらっと並べられていた、

菊の数々の鉢植え。

ずっと、「いつ咲くんだろう!?」と楽しみにしていたのです。

 

スゴい〜〜!

大輪の菊が、咲きそろってました。

菊をこんな風に咲かせるのは、とても大変とのこと、

写真奥に写ってるのは、手入れご担当のこのお家のおばあちゃんです。

頭の部分(菊の花)が重くなって来てるので、支柱を立てられてる最中です。

菊は華やかと言うより、「立派・みごと」というのがぴったりですね。

 

でも、長年手入れをされているおばあちゃんにとってはご不満らしく、

「もっと下葉もしゃきっとしてないといけないのですが」

「脇芽をもっと早く摘めば良かった」と仰りながら作業されていました。

 

お恥ずかしいことに、

若い頃は菊人形を見ても、申し訳ないことになんにも感動もありませんでした。

年を重ねて「渋いキレイさ」&田舎に来て「生き物を育てる苦労」を知り、、、

ようやく菊に感動出来る入口に立てたみたいです。

 

育てるのはまだまだ先のことになりそうですが!(笑)