ぱるきちママの宿日記

2006年の4月、41歳で新見に嫁いで来て、民宿経営のお手伝いを始めました。「ぱる」は中学時代からの私の呼び名。「女将」なんて恐れ多いので『ぱるきちママ』とでもお呼び下さいね!

 田舎暮らしに特に憧れを持っていなかった私ですが、広島での20年間のOL時と打って変わって、のんびり・ゆっくりなここの暮らしを満喫中!マイペースで抜けていて、ポリシーは「他人にも自分にも甘く」☆


5月末日泊までの新規ご予約について

ただいま、古民家民宿千屋アウトドアハウスでは通常営業しておりますが、全国的に新型コロナウィルスの第四波に入っており、心配されます。

 

3月24日付のブログの内容をそのまま(下の文章)5月末日泊まで延長させていただきます。

 

写真は本日の庭のシャクナゲ・桃の様子。

シャクナゲは例年より一週間程早く咲き始めました。

昨年の5月4日付のブログが思い出されます。

 

一年以上同じことが繰り返されています。

観光業である宿やから見て、国の行政はもっとやり方があったのでは、と思ってしまいます。

田舎の観光の普通の日常に早く戻れたらと思います。

続きを読む

「ルレーヴ・ドゥ・パリ」OPEN☆新見市哲多町花木

焼き菓子とキッシュのお店「ルレーヴドゥパリ」さんが、新見市哲多町花木にオープンされました♪

古民家民宿千屋アウトドアハウスから50分程、新見市街地からは20分。

続きを読む

広島のセキセイインコ迷い鳥情報求む

身体は青、頭は黄色、鼻は青、お腹は水色に近い緑のセキセイインコです。ご連絡は、宿のメールまでお願いいたします♪
身体は青、頭は黄色、鼻は青、お腹は水色に近い緑のセキセイインコです。ご連絡は、宿のメールまでお願いいたします♪

ぱるきちママの妹(広島在住)のセキセイインコが、迷い子になりました。どんな小さな情報でもかまいませんので、ご連絡くださると嬉しいです!!

 

セキセイインコが居なくなったのはマツダスタジアム近くの家ですが、一年以上経って50キロ以上離れた所で見つかることも有るそうです。

 

妹はいつも私の実家の面倒を見てくれていて、この小鳥が妹の癒しになっていたようで。。。

SNSが苦手な妹がツイッターを始めたので、協力したいと思い、拡散しました。

 

宿のことには関係ありませんが(あ、一度、赤ちゃん鳥の時に遊びに来てくれた!)、目撃・保護された方など、どうぞよろしくお願いいたします<(_"_)>


明智峠のソメイヨシノ

岡山県境、鳥取県側の明智峠のソメイヨシノ、早くも満開!
岡山県境、鳥取県側の明智峠のソメイヨシノ、早くも満開!
続きを読む

新見市洞窟地帯の魅力再認識

今回はぱるきちママのダンナが書きます。

古民家民宿千屋アウトドアハウスでは、ご希望の方に新見市南部の洞窟を案内しております。

 

実は、昨2020年3月よりたまに「めまい」が出て、万が一のことを考え、昨年5月より『本格的』洞窟探検を中止しております。

現在は、ほぼ「めまい」もなくなり、『おためし(初心者)』コースと名付けている、カルスト地形と天然のままの洞窟に100メートル程入洞するご案内のみ実施しております。

続きを読む

5月9日泊までの新規ご予約について

ただいま古民家民宿千屋アウトドアハウスは通常営業しておりますが、ここのところ新型コロナウィルスのリバウンドが懸念されています。

 

弊宿は、観光地ではない田舎の普通の集落の中にあり、お年寄りが多くお住まいです。

 

そのような理由で、勝手ながら、本日より5月9日泊までの新規予約は、中国地方(岡山県・鳥取県・広島県・山口県・島根県)・四国地方(香川県・徳島県・高知県・愛媛県)にお住まいの方限定とさせていただきます。もちろん、すでにご予約済みのそれ以外にお住まいのお客さまは、喜んでお迎えいたします。

 

なお、5月10日以降のご宿泊・お食事予約に関しては、通常通り受け付けております。

 

このような時期につき、弊宿の勝手なお願いで申し訳ございませんが、ご了承いただきますようどうぞよろしくお願い致します。弊宿としては、このような措置を度々してまいりましたが、今回で最後となるように願っています。

 

古民家民宿千屋アウトドアハウス 鈴木章弘、晴子

金継ぎ作品No.3とソーセージNo.2

加藤萌先生金継ぎ教室での三回目のしあがり二つ。
加藤萌先生金継ぎ教室での三回目のしあがり二つ。
続きを読む

幸せの国ブータンから再び

三年前にお越しくださったブータンに嫁がれた女性とお子さま、日本の岡山の実家のご家族がまたお泊まりいただきました。

 

今のブータンのコロナの状況は、全人口が少ないのもありますが、昨年よりも含めて全国で感染者が800人程、この3月4日では感染者ゼロになったそうです。すごい!一人でも出るとすぐ隔離、徹底的に防ぐようで日本の中途半端なやり方と大違いです。

そして、もし発症されても、同情はあっても誹謗中傷は国民性で全くないそうです。

ご一家は、昨年末に日本に帰られ、しばらく日本に滞在されるとのこと。

 

このかたは、ブータンで旦那さまと旅行会社を営んでおられます。2回目ということで、主人はいろいろと現地の旅行事情をおうかがいしていました。

ブータンは産業で一番目が水力発電。二番目が観光。近くのエベレストを抱えるネパールの多くの観光客を迎え入れることでの観光公害などのデメリットを見て、ブータンでは、多くの観光客は入れず、観光客の希望で日程をアレンジし、同じガイドが案内します。旅行会社はその人に合わせて工夫して、地元のより良い所に触れてもらい、スルーガイドなので道中色々なおしゃべりもし、印象に残る旅となります。いわゆる贅沢な旅ではありませんが、本当のブータン…つまり、ブータンの素朴な雰囲気やブータン人の人柄が大好きになり、リピーターになる人が多いようです。

そのままと言えないですが、日本の田舎のこれからの観光に合っている部分も多分にあると思いました。

続きを読む

束ね熨斗文様のパッチワーク、完成!

束ね熨斗文様の飾り布、古民家民宿千屋アウトドアハウス玄関口に。マスクも手づくりだよ!
束ね熨斗文様の飾り布、古民家民宿千屋アウトドアハウス玄関口に。マスクも手づくりだよ!
続きを読む

新見千屋温泉、今夏に再オープン

昨年4月より休館だった、宿から車で2分の「新見千屋温泉いぶきの里」は、今年4月に再オープン予定でしたが、夏に延期となりました。

それまでお客さまは、弊宿の内風呂にご入浴いただいてますが、神郷温泉(車で25分)を案内すると、半数くらいの方が寄ってからチェックインされます。あらためて温泉の魅力は強いな、と感じています。再オープンが待ち遠しいです。

 

*******

 

写真は、一昨日お泊まりのお客さま。昨年はいぶきの里スキー場で滑り、新見千屋温泉に宿泊されたとのこと。ご出発時、作りたての横断幕でパチリ。

新見千屋温泉いぶきの里にくらべ、古民家民宿千屋アウトドアハウスは認知度が低くて、今回のお客さま含め、新見市民・岡山県民の今まで千屋を訪ねたことがある殆どの方が

「こんな所に宿があったんですね」

と言われます。それもいいかも☆と感じつつ、より「隠れ宿」を充実したいと思っております。

 

これより以前のブログ一覧はサイトマップ


年度別ブログ

  • 2006年 二人体制での宿始まり。サイトオープン
  • 2007年 宿のシンボルの松とお別れ
  • 2008年 テレビ朝日「人生の楽園」出演、のしちゃん初おでまし
  • 2009年 晴子、調理師免許取得
  • 2010年 宿泊を完全に一日一組に限定に変更、新見こだわりマップ初版作成
  • 2011年 新見周辺こだわりリンク作成
  • 2012年 宿HP現在のURLに変更。移住空き家対策始める。
  • 2013年 晴子、JA阿新女性部大会で発表
  • 2014年
  • 2015年 7月宿開業20周年。晴子、メイクアップ技術検定1級取得
  • 2016年
  • 2017年 馬屋で千屋の写真館オープン。「地方創生に惑わされない田舎暮らし」amazon電子書籍出版。
  • 2018年 新見こだわりマップ、第三版作成

 


サイト・ブログ内検索

Loading