2014年夏のお客様Part4〜おじさんみんなで貸切り宿へ

今日で8月も終わりですが、今年の8月ほど、太陽を見ない年は経験が無かった気がします。そんな中、夏にご予約のお客様、皆さまご予定通りお越し頂き、感謝しております。

 

 

私(ぱるきちママの夫)は、以前、旅行会社に入社し、大阪に昭和56年(1981年)配属になりました。その時、同じく関西地区に配属された同期8名が、この度、遊びに来てくれました。

 

久々に見る面々、孫が出来た者、入社時より体重が2倍近くなった者……、驚いたり懐かしんだりの楽しい一時を一緒に過ごしました。

 

まだ終身雇用の風潮が残っていた時代です。8名中4名が、その会社へ勤務を続けています。

 

私が一人でこの古民家民宿千屋アウトドアハウスを仮オープンしていた期間(11年間)に何度も足を運び、本格オープン以来初めて来てくれた人も居ました。

 

8名なのに小型バスを貸切り、出発地よりバス内で宴会が始まり、SA・PAごとにトイレ休憩をしながら(よって「サービスエリア研究会」と名付けられました)到着しました。きっと、帰途も同じ様な感じになる事でしょう!

 

この小さな宿に、バスが到着するのは、なんか不似合いでちょっと笑ってしまいましたが!

 

 

昔のことで、何も考えず笑い合えるのって、いいことですね。

コメント: 0