梅雨末期〜金ホタルとドクダミ干し

個人的な理由で、6月末まですべきことを制限してたので、遅くなりましたが、ようやく今年のドクダミを干しました。


山菜はなんでもそうですが、やはり、若い♪うちに採るのが一番効能が期待出来ます。花が咲いているうち。千屋は涼しいので、まだぎりぎり咲いてます☆こんな時、のんびり屋さんの私にはありがたい千屋の気候です!


(その分、秋から冬の到来は急に来ますが。)


根っこごと洗って、30本を一束ねして、日の当たらない北側に干していきました。


これから8割方乾くまでこのままにしておきます。明日から台風が来るので、ちょっと心配です。

 

玄関先の「ドクダミコーナー」がこんなにすっきりしました。相性のいい所では、どんどんひろがるので、こうして一年に一度採るのは丁度良いのです☆


クマザサも近々採って一緒に入れる予定。


クマザサもがっさりと刈らないと見栄えが悪くなる一方なので、ドクダミもクマザサもお茶にするのは一挙両得と言う感じです。


人間にとってはね!


******



そして、金ボタル。今年は、ぱるきちママが新見に住んで以来、一番の見応えの年となりました!

本当に素晴らしかったです。


別名、ヒメボタル。

千屋では、梅雨明けも間近な今頃、蒸し暑いどんよりと曇った日に見られます。


フワッフワッと飛びながら緩やかに白く点滅する源氏ホタルと違い、

地面すれすれに飛んで、少し黄色っぽくチカチカと早く光る金ホタル。

まるで、イルミネーションのじゅうたんを敷いたようになるのです!素敵でしょう。


ある特定の場所にしか生息しておらず(場所はここでは書けません。ごめんなさい)

ホタルの舞は、たった一週間の間のみで、時間も8時15分頃〜9時ととっても限られてます。

「今日なら見れる!」という日に泊まられた何組かのお客様と一緒に観に行った所、大当たりでした。


源氏ホタルと違い、とても光がささやか。真っ暗なところでないと楽しめません。

ママのカメラはシャッタースピードを長時間に開放出来ないので、

写真をアップ出来なくて残念。。。。


その分、心に焼き付けました。

コメント: 0