2015年夏のお客様 Part4〜ツチノコ探検隊☆

関西からお見えの、農家民宿などがお好きな、男性3人組。


とっても珍しいお話しを聞き、楽しませて頂きました!!

 

それは、『槌の子(ツチノコ)』☆

 

ある程度の年齢以上の方なら誰もが、その単語と姿をうっすらと思い浮かべられるのではないでしょうか。私もそんな感じでした。。。「想像上の生物だったかな?」みたいな。。。

 


 

20年程前に、3人さんを含めツチノコ探検隊を組んで、定期的に探しに行かれてたそうです。中国地方に出没する事が多いので、よく岡山にも来られてたそう。

 

上の絵は、お客さまが書いて下さいました☆トカゲにも似てるけど手足がなく、ヘビのお腹の部分が平べったくなってて、言わばワラジに頭としっぽがついてる雰囲気。

 

ただ、田舎に住んでる人が一生に一度見れるかどうかの頻度(=生息数が少ない?)でしかなく、瞬発力があって凶暴なため、捕獲や撮影が難しい様です。急いで移動したい時は、自分のしっぽを咥えてタイヤの様にくるくる回るとか〜2〜3メートルの距離でも平気で飛びかかってくるとか〜怖さはマムシの比では無い様です。

 

ツチノコ探検隊を組んでる時でも、残念ながら出会えなかったそうですが、そんな『実際に遭遇した話し』を何度か聞く事が出来、『近づけた感』があったそうです。


その時のお話しを聞けば聞く程、私たち夫婦も「絶対いそうな気がする!!」という気持ちになって来ました。

 

私も近所の方に『話し』聞いてみよう☆会うのは怖いけど!


コメント: 0