新見産ピオーネ四変化

新見市名産と言えば、千屋牛・桃・千屋産のもち米、そして高級ブドウのピオーネ☆

 

ピオーネは、鍾乳洞地帯でもある、新見市南部の草間・豊永産が有名ですが、私の住む千屋でも、多くの方々が栽培されていて、お陰さまで9〜10月は沢山の高級ブドウが手に入ります。

 

そのまま頂くのが、もちろん一番美味しいのですが、今年は思いがけず頂き物がいっぱい!スィーツ作りとまでは行きませんが、いくつかブドウの保存食を作ってみました。

 

  1. 瀬戸ジャイアンツとシャインマスカットのジャム…わざと潰さずに、皮ごと作ったジャム。あくを丁寧に取り除いて、透き通った仕上がりに。
  2. ピオーネの赤ワイン漬け…洗っただけのピオーネに、赤ワインと少しのザラメとシナモンを入れて。大人のピオーネ☆
  3. ピオーネのエッセンスの炭酸割り…ピオーネを丸ごと2〜3分茹で取り出したエキスにお酢を入れて、更に綺麗な赤紫に☆水で割って普通のグレープジュース、焼酎で割ってもいいのです。
  4. ピオーネのジャム…ピオーネのエッセンスを作った後にも、まだ赤い色素が残っています。それを皮ごとミキサーに掛けて、煮詰めて柚子を入れてジャムに。今回はカスピ海ヨーグルトに掛けてみました。 

 

親しくさせて頂いてる方から柚子を頂き、レモンの代わりにピオーネジャムへ入れました。「地産地消で我ながら良いアイデア!」と思ったのですが、、、

なんと、ピオーネよりユズの香りが勝ってしまいました。美味しい事は美味しいのですが、せっかくのピオーネ本来の良さが出てないと意味ないですね。精進します。

 

まだまだピオーネがあるので、再挑戦あるのみ!!

コメント: 0