大雪後の少しの爪痕

2017年のこの冬は、1月中旬以降例年に比べ積雪量が非常に多かったです。写真は今朝の庭。まだ雪が残っています。付近でも屋根の一部や壁が損傷した家屋がありました。

 

3月下旬、軒先に雪の残る、古民家民宿千屋アウトドアハウス
3月下旬、軒先に雪の残る、古民家民宿千屋アウトドアハウス

 

宿の被害は大きなものはありませんでしたが、ブロック塀の屋根が3~4メートルに渡り落ちました。湿気の有る雪が大量に降り、かつ30~40センチ程その上に積もった場合、どちらかに雪が落ちると同時にもろくなってる上部が一緒に崩れてしまいました。古民家民宿千屋アウトドアハウス(築90年程)よりは新しいと思われるブロック塀ですが、相当前のものなのは確かです、落ちた上部は砂の様にボロボロに風化?老化?していました。主人が昨日シンプルに直しました。

 

左が元々の塀の屋根が残ってる方。

右がリメイク後。

 

今朝は晴れ。春の匂いが漂っています。千屋でもウグイスが鳴き始め、フキノトウが顔を出しました。でも、梅も桃もまだこれから!これから全てが活動的になる予感です。

 

古民家民宿千屋アウトドアハウス 玄関先の塀の屋根を直しました
古民家民宿千屋アウトドアハウス 玄関先の塀の屋根を直しました
コメント: 2
  • #2

    千屋アウトドアハウス ぱるきち (月曜日, 27 3月 2017 21:00)

    ななぎさん、コメント有り難うございます☆

    ハイ!雪が溶けてきました!
    そうです、ユキヤナギ。よく分かったね!そう言えば、ユキヤナギを広島の実家からもらって帰ったのが3月末で、その時に満開だったのを覚えています。

    一つ訂正!

    梅は種類に寄っては咲き始めていました☆

  • #1

    ななぎ (月曜日, 27 3月 2017 17:26)

    雪がとけてる~!階段の入口にあるのは、ゆきやなぎ??
    うちのゆきやなぎはもう真っ白に咲きほこっているよ!
    千屋はもう少し先だね。春がやってきてるね。