岡山最北西→岡山最北東

昨日、岡山県最北東部にある、西粟倉村と美作市東粟倉へ遊びに行って参りました。私たちの住んでいる千屋花見も粟倉と同じ岡山の中山間地域(平野の外縁部〜山間部の事)、集落のある所の標高も6〜700メートルと似ています。

↑こちらはベルピール自然公園に上る道すがら。私が目にした限りでは休耕田も無い様で、綺麗に整備されています。

まず朝ごはん抜きで気合いを入れ「あわくら旬の里」、地元産の野菜を主に使ったバイキングへ。メインは田舎料理でしたが、ふと横を見ると、ナント流行のチョコレートフォンデュもあり、驚き☆

でもやっぱりこういう所では、郷土料理が食べたいですよね!

 

 

←餡いり草餅が、バイキングなので半分に切ってミニサイズ。

主人と2人で9皿+鍋も食べ、この日一食限りで打ち止めするほど頂きました。綺麗な写真でなくてすみません。

併設された野菜市の野菜は、新見のと違い、ちょっと場所が変わるだけで栽培されるものが違うんだ〜と勉強になりました。

その後、西粟倉村の端にある「若杉天然林」へ向かうと、今の時期は雪で道が閉鎖されてると知り、断念。。。。森林浴で有名な所らしく。。。。めちゃめちゃ残念でした。また必ず季節を変えて行きます。
最後に東粟倉の端、ベルピール自然公園へ。県境の山の頂上に日本一大きな鐘のある公園、と聞き、ナンカ詰まらなさそうで気乗りしなかったのですが、行ってみてそこからの景観の美しさに感激でした。雪をうっすら冠ったなだらかな山々、麓の集落、段々畑。。。まさに中国地方の中山間地域の素晴らしい原風景でした。緑の濃い時期に行けば美しさはいかほど、、、と想像が膨らみました。