奥出雲の奇勝〜鬼の舌震(おにのしたぶるい)

先日、私たちの結婚6周年記念で、小旅行兼勉強会行って参りました。(旅行行く時に、いつも同じ言い訳してますが、、、)
お客様に「素晴らしいよ」と教えて頂いて

主人が気になっていたそうで、島根県奥出雲の「鬼の舌震い」。宿から車で、一時間半くらいです。
私が今まで経験した中でも、一番の見応えのある渓谷美で、驚きの連続でした。島根に流れる斐伊川の渓流が浸食して出来た渓谷には、2キロにわたってもの凄 いでっかい巨岩がゴロゴロしています。新見の満奇洞をも歌に詠んだ与謝野夫妻は、こちらも訪ね、歌を残されています。ホント自然の造形美に魅せられて日本 各地に行かれてたんですね。素晴らしい好奇心!
私はそばアレルギー故、残念ながら名産のそばを頂く事が出来ませんでしたが、こちらに足を伸ばす方には、そんなお楽しみも有ります。近くの木次線の亀嵩駅(かめだけえき)構内で頂けるのが有名だそうですよ。