TVドラマ「3年B組金八先生」小説「東京タワー」映画「おっぱいバレー」

この3つの共通点は何か?

そう、メインキャストがどれも、1964年(昭和39年)生まれなのです。

そして、宿のママの晴子も、1964年生まれ。

何故こんな事を急に書いてるかと言うと、

昨年末にテレビで、映画「おっぱいバレー」(2009年公開、主演綾瀬はるかさん)が放映されたのを観たのが切っ掛けです。

主人が「ちょっと話題になった映画だから見てみたい」というので、

最初は気乗り無しで、私もお付合いで見始めただけでした。

 

だけど、、、いきなりのBGMはピンクレディーの「渚のシンドバッド」。

そして、荒井由美、矢沢永吉、、、浜田省吾「風を感じて」!

こ、これは!!

私の中学時代に流行った歌ばかり!

眼を凝らしてみると、「昭和54年」の看板を見っけ!

綾瀬はるかさん演ずる先生を囲む、アホ丸出し(笑)の男子生徒達は、中3の設定。

って事は、彼ら、私と同い年だ〜〜♪♪

それからは、目を皿のようにして、映画に釘付け状態。

そして、クライマックス!(←私的にです)

ツイストの「燃えろ!いい女」が!!!!

私の永遠の王子様の世良公則さん=ツイストの曲が流れてくれば、もうノックアウト。。。☆☆

 

その後、私は映画の間中、涙無しには見れませんでした。

一緒に見た主人は「何で泣く?!?!」とびっくり。

 

そりゃそうだ!

ちょっぴり感動の部分があるとは言え、

おっぱいバレーは笑いが満載の青春コメディー☆

 

人間、同い年の人や、自分の過ごして来たシチュエイションには、すっごく思い入れたっぷりに

なってしまうのは何故なんでしょうね!!??

 

「3年B組金八先生」(古!)、

「東京タワー」(著者リリーフランキーさんの私小説。彼は63年生まれですが、小説内では64年生まれの設定の部分があります)

いづれも、自分が主人公か、主人公が自分か、、、と同化してしまう始末。

そんな訳で、「おっぱいバレー」は、私のお気に入りの映画として保存決定!

 

昭和39年は、東京オリンピック開催年。東海道新幹線開通。

 

こんな事書きながら、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」はまだ観てません☆

ご覧になられた方、おススメでしたか?

、、、特に'64年生まれの方、いかがでしたか(笑)?