JAあしん女性部大会で体験発表しました

2013年度 JAあしん女性部大会。檀上右でスピーチ中が私です。
2013年度 JAあしん女性部大会。檀上右でスピーチ中が私です。

私は、農協のあしん女性部に参加させて頂いています。「あしん」とは、阿新地区=新見の事。

 

新見に移り住み始めてすぐ、「女性部に入れば、料理が習えたり楽しそう!」と言う気軽な気持ちから女性部に申し込みました。そしてこの度、年に一度開催される女性部大会で、所属する地区の代表として、体験発表をさせて頂きました。あしん18地区より、今年は3代表がそれぞれ10分の持ち時間で、自分と農業や地域社会に通じる話しをします。

 

私は、畑さえお遊び程度(以下)しかしておりませんので、千屋・新見の食材を使う宿業を通じた話しと、都市部より移住して来た私が、周りの「お母さん方」にご指導頂きながら、楽しく歩んで来た事を中心に話しました。

 

まだ女性部に籍を置いてたった7年の私は、人生山あり谷ありの経験をつまれた諸先輩方の様に含蓄ある話しは出来ず恥ずかしい気持ちも有りましたが、「山間部である新見市千屋に来てからの7年間を率直に振返ろう」という気持ちで臨みました。自分にとって、とてもいい節目を頂いたと思います。

 

この大会、聴取者は皆さん新見市在住や農協に関わる方たちが殆どですが、機会があれば、都市部にいらっしゃる方たちが聞ける機会があれば、より、農村と都会の人達の相互理解が深まっていいのでは、、、と感じたりもしました。