馬路村へ

先日、宿のママの父の傘寿(80歳)、甥の高知の大学卒業のお祝いをかね、家族旅行に行って参りました。

「ごっくん馬路村(柚子の甘酸っぱいドリンク)」でご存知の方も多いでしょう。人口1000人の小さな村。

 

甥の友達のご両親が馬路村のご出身で、有り難いことに、宿泊の前後に、馬路村の案内をして頂きました!なんとラッキー。人との触れ合うことで、旅行の感動は2倍になりますよね!

 

地元の役所、農協、村民と全体一丸となり、柚子製品で町おこしをされてるのを実感しました。この村は、柚子しか有りませんが、それを逆手にとって、柚子での町おこしに成功されています。

 

村役場内の村長さんのお部屋にまで通して頂いて(!)、副村長さん・村議会議長さんとも”ざっくばらん”なおしゃべりと柚子茶で歓待下さいました。お忙しい所、有り難うございます。この写真の奥にいらっしゃるのは、当日、不在だった”村長さん”と記念写真をパチリ☆


泊まった温泉宿の料理は、柚子を効かせた料理は勿論、山の幸満載☆美味しかった!!イタドリは、私はみそ和えと塩漬けしかした事が無かったので、勉強になりました。

朝ご飯、アメゴの塩焼き(千屋ではアマゴと呼ぶ川魚)
朝ご飯、アメゴの塩焼き(千屋ではアマゴと呼ぶ川魚)
夕ご飯、地鶏の鍋と天ぷら、アメゴの刺身、、、山の幸満載!
夕ご飯、地鶏の鍋と天ぷら、アメゴの刺身、、、山の幸満載!
イタドリの炒め物、破竹(タケノコ)の梅酢漬、葉の花のお浸し。山菜も一杯!
イタドリの炒め物、破竹(タケノコ)の梅酢漬、葉の花のお浸し。山菜も一杯!

温泉のシャンプー・リンス・ボディソープも柚子の香りたっぷりでほんわか癒され〜☆

ここまでひとつのものにこだわってるのって、やっぱり素敵。凄い。


そして、自宅用お土産にと何気なく購入した、

「1000人の村 ポン酢しょうゆ」。これはお勧め!


「ごっくん馬路村」と並んで有名な「ゆずの村ぽん酢しょうゆ」は頂いた事が有ったのですが、この1000人の村は、そのバージョンアップ版。更に柚子の香りを効かせ、だしもたっぷり入っています。


普段、ぽん酢を使わないダンナが、とても気に入ってしまい、餅に掛けたりとご満悦です。


バージョンアップ版と言っても、500ml690円とそんなにお高くない所も、常備品として置けて、良いですネ!


千屋も1000人のまち。お互い、頑張りましょう!!


コメント: 2
  • #2

    chiyaoutdoorhouse (日曜日, 05 4月 2015 08:41)

    江美子さん、有り難うございます☆返事が遅くなってご免なさい!

    両親とも、段々遠出が難しくなって来るでしょうから、こうして旅行出来るのは有り難いことと覚悟をしなくてはいけない年になって来ました。

    馬路村のぽん酢、使われてるんですね!良かった!どちらがお好みだったか、また教えて下さいネ。
    滝田先生は、いろんな所へ旅行行かれてるんですね。私は、妹の「馬路村へ行ってみたい!」という一言でしたが、それがこんないい思い出残る旅行になって。。。行って良かったです。

  • #1

    村澤江美子 (金曜日, 03 4月 2015 21:56)

    お父様の傘寿のお祝いに馬路村方面にご旅行されたそうで本当によかったですね
    御主人から聞いていましたがお父さんの傘寿とは知りませんでしたお元気で何よりです。それこそ80歳には見えませんね お母さんもお元気そうでとても嬉しかったです
    馬路村のポン酢醤油は私も大好きでよく買って使いますが本当においしいですね
    滝田先生も馬路村のことをよく話しておられましたので千屋みたいな所かなーと思っています
    テレビにも柚子の木が一杯植えてあるのが出ますね でもあそこまで頑張られるのはほんと大変だっただろうなーと思います お土産いただきほんとありがとう!バージョンアップされたポン酢美味しく頂きます 晴ちゃんも出張が多くて忙しそうですが運転気をつけてくださいね