新見市千屋発、郷土料理レシピ教室

千屋の郷土料理、頂きます!農協女性部相文支部の支部長さん、副支部長さんと☆
千屋の郷土料理、頂きます!農協女性部相文支部の支部長さん、副支部長さんと☆

先日ブログでも書きましたが、千屋のお母さんの味の料理本「次代へ伝えたい郷土料理レシピ集」が好評(ホントに好評です!)発売中です。主に地元の方が購入してる様ですが(笑)なんでもそうですけど、地元からじんわりと輪が広がるのが一番いいことなんじゃないかなって思ってます。

フキトワラビの山菜ちらし寿司
フキとワラビの山菜ちらし寿司

私の所属する、JA阿新(あしん)相文(あいも)支部の女性部の15名の方達と一緒に朝から作りました。

 

千屋の名産は、ヒメノモチ(餅米)、千屋牛、そして沢山の山菜。

 

今回は、三つ目の山菜を使っての郷土料理の品々です♪

 

同席下さった新見農業普及所の長崎先生の最後のお話し

「今回の料理教室で終わるのでなく、今度、ご家族が集まった時やお客さんの時など、今後に繋げて行って下さい。そして、他の方にもお知らせしてあげて下さい」

なんでも習い事をしたときはそうですが、本当にそう思います。これで終わってはいけない!宿もその使命の一端を担わなくては。

今日の千屋の郷土料理8品
今日の千屋の郷土料理8品

千屋の山菜の芽吹きは遅く、フキノトウ・ノカンゾウ以外は4月下旬からなので、今も採れる山菜は沢山あります。また、旬の時の乾燥や塩漬けで保存したもので、通年山菜づくしのお料理でおもてなし☆古民家民宿千屋アウトドアハウスお惣菜もそんな感じ☆

 

今回の献立

  1. フキとワラビのちらし寿司
  2. ゼンマイの白和え
  3. 酢サバとなますの付け合わせ
  4. ウド、サンショウ、コシアブラなどの天ぷら
  5. セリの味噌和え
  6. クサギナの炒め物
  7. 汁物
  8. 甘酒(千屋の餅米を使って)

 

今回の発見は、天ぷらの衣が甘い!千屋では、おもてなしの際の天ぷらは、砂糖を入れて甘めな衣に仕上げるそう。話しには聞いてましたが、今回初めてのお味☆(千屋12年目にして。。。ナハハ)

 

いつまでも勉強ですねぇ。