神石高原町の道の駅と、福山市「木工房かくれんぼ」さんへ

ゴールデンウィークも終わり、、、千屋も新緑、旅行にはいいシーズンです。

私たちも、例のごとく、一時のお休み&勉強会を兼ね、ちょっと足を伸ばしてきました。

沢山の田舎料理が2列、デザート・ドリンクが1列
沢山の田舎料理が2列、デザート・ドリンクが1列

二つの目的地とも、宿へお越しになられたお客様が教えて下さいました☆

 

まずは、神石高原町の道の駅「さんわ182ステーション」内、「自然食レストラン 高原の風」さん。

宿から一般道経由で、2時間弱。

神石高原町で採れた野菜一杯の料理を、地元の主婦の方たちがお出しする、バイキングです!

営業時間11時〜15時に合わせて、10時半頃に行き(うちの主人は並んで待つ事が何より苦手です)ましたが、大正解。30分と経たないうちに満席!平日にも関わらず、お昼を待たずに入口には順番待ちの人達です。

 

「全種類を制覇しよう!」と数えつつすこしずつ頂いたら、60種類くらい有ったかなぁ?!これで大人980円(珈琲・デザート付は1200円)は安いですよね。

あっという間に満席〜
あっという間に満席〜

「気持ちのこもったお料理、大変美味しかった☆」とアンケートに感謝の言葉を書きました。

 

それと、敷地内にある、野菜市場。新鮮な野菜はもとより、加工されてるものが沢山!!最近、産直野菜市場の数が増えてますが、そんな中でも、ここは素晴らしいと感じました。

例えば、お茶だけでも、番茶・ヨモギ茶・ドクダミ茶・スギナ茶・あすなろ茶・桑茶・ハブ茶・ビワ茶・かきどおし茶、、、(まだまだ有ります)生産者の方たちが楽しまれてるのが伝わってきます☆

そして、午後は福山市郊外の高台、広瀬地区にある「木工房 かくれんぼ」さんへ。

都市部より移り住んだ若いご夫婦が、旦那サマは木工の家具や小物・奥サマは手描きの染め物やイラストを創作しながら、週1回木曜日(10時〜17時)だけは、自宅兼ギャラリーを解放され、カフェをされてるんです。実は木曜日がカフェの日と知らず、お伺いしました。超ラッキー☆

 

お若く見えますが、もうこのお店、16年構えられてるそうです。

この辺りは、早くから人口減少に危機感を抱いた住民の方々が、外からの移住定住に取り組まれ、今では、貸し出しになってる空き家は全て埋まってるとの事です。

 

新緑の木漏れ日と風が通る、築160年の古民家で、自然な雰囲気のお二人におもてなし頂き、しばし

ボーッとした時間を過ごしました。私たちの居る間、常連サンがご来店、一緒に「古民家を利用したお店」などの話しに花が咲きました。

 

家の後に大きなナラ。家のご神木。
家の後に大きなナラ。家のご神木。
この季節は窓ガラスを外して、、、
この季節は窓ガラスを外して、、、