カテゴリ:宿のママ自分の話し



身体は青、頭は黄色、鼻は青、お腹は水色に近い緑のセキセイインコです。ご連絡は、宿のメールまでお願いいたします♪
2021年 · 2021/04/11
ぱるきちママの妹(広島在住)のセキセイインコが、迷い子になりました。どんな小さな情報でもかまいませんので、ご連絡くださると嬉しいです!! セキセイインコが居なくなったのはマツダスタジアム近くの家ですが、一年以上経って50キロ以上離れた所で見つかることも有るそうです。...

加藤萌先生金継ぎ教室での三回目のしあがり二つ。
2021年 · 2021/03/18
習い始めてそろそろ丸四年、今回3度目の仕上がりを手にしました。 1度目は”金”継ぎ、2度目は錫(すず)で継ぎ、今回は色漆で仕上げました。

束ね熨斗文様の飾り布、古民家民宿千屋アウトドアハウス玄関口に。マスクも手づくりだよ!
2021年 · 2021/02/24
先日のブログで書いたように、千屋の冬は、雪で畑仕事ができません 。。。よって、冬はお部屋の手仕事を楽しみます。 2016年に習って途中で放っておいた大物パッチワーク、ようやくただいま完成しました!! 子どもさんの掛け布団くらいの大きさの、束ね熨斗文様の飾りです。 先生、すぐ作らなくてごめんなさい!汗&笑...

2021年 · 2021/02/02
地面が雪で覆われる、千屋の冬。 お客さまがいらっしゃらない時、春夏秋は畑や庭仕事ですが、冬はおウチ仕事♪ とんど焼きが終わると、暦の季節は春。まずおひな様を飾りました。 お客さま寝室の床の間には、中国地方山間部ならではの節句画掛け軸。

「ダムに沈んだ徳山村 百年の軌跡 ホハレ峠」大西暢夫著
2021年 · 2021/01/30
ホハレ峠のある岐阜県徳山村はダム建設のため、1987年に廃村されました。そのホハレ峠に一番近い集落に、最後の一人になるまで住んでいたのが廣瀬ゆきえ(1925-2013)さん。徳山村でのかつての生活を通した思いが、彼女への聞き書きで綴られています。...

2020年 · 2020/11/25
あいついで、ぱるきちママの知人が、お客さまとしてご来宿いただきました^_^

明智峠から。雲海に浮かぶ如くの大山。
2020年 · 2020/11/06
ぱるきちママ夫婦は、来週結婚15周年。来週は時間があわないので、昨日、終日プチ旅行に行ってきました。

2020年10月、明智峠からの雲海
2020年 · 2020/10/23
まずは、宿から車で5分、明智峠から大山を望む、雲海をご覧下さい☆ 今週始めの、放射冷却で寒い快晴の早朝、 「これは雲海見えるはず!」 と車を走らせました。やはり、見えました! 秋も深まってくるこの時期、出来れば前日に雨が降り、当日は快晴で冷え込んだ日に拝める風景です。 条件が揃えば、お泊まりのお客さまも朝食前に見れますね。

左から、ナカプリバイン5ミリ方眼ノート、ナカバヤシのロジカルダイアリー、ツバメノートの5ミリ方眼メモ紙。全部A5
2020年 · 2020/10/19
宿のママは、30年来の方眼ノート好き。 字があまり上手でないので、方眼で書くと揃ってきれいに見える気がします。 2020年も10月半ば、来る2021年のスケジュール帳を用意しました。

古民家民宿千屋アウトドアハウスの玄関土間の引き戸。
2020年 · 2020/10/13
古民家民宿千屋アウトドアハウスは築95年ほど。大黒柱は欅、梁は松、いづれも驚く太さで頑丈ですが、所々に多少の歪みがあるのはしょうがありません。 更に宿としての25年の間に、2000年の鳥取西部地震・2005年末の大雪など、建物の一部に被害がありました。

さらに表示する